俺のマダンテ

勇者は戦い続ける!

愛してたって秘密はあるの最終回までの感想!犯人は誰なのか演者も知らない

 

 

どもー、マダンテです。

 

 

連日ニュースを騒がしてる芸能人たち。

話題になるのが仕事だけど、

悪いことをして目立っちゃいかんわな〜。

 

 

今日も、小出恵介が未成年の女子高生に

ちょっかい出したとかで騒いでる。

 

 

女子高生側が、

被害届を出すか出さないかで

状況も大きく変わってきそうだけど、

ドラマに出演することが決まってて、

そのドラマが

 

 

f:id:yuhei2261:20170702123701p:plain

出典:http://www.ntv.co.jp/aishitetatte/ 

「愛してたって、秘密はある。」

  

1番の秘密は、ストーリーの中じゃなく、

キャスト陣のプライベートかーい!

というわけで、

愛してたって秘密はあるについて書いていきます! 

 

スポンサードリンク

 

 

キャスト 小出恵介の代役は賀来賢人

まずはキャスト紹介。

 

奥森黎(福士蒼汰)

母親をDVから守るため、

父親の命を奪ってしまう。

弁護士を目指す大学生。 

 

 

奥森皓介(堀部圭亮)

黎の父。

大学病院の医師。

 

 

奥森晶子(鈴木保奈美)

黎の母で看護師。

 

 

立花爽(川口春奈)

黎の同級生で、恋人になる。

 

 

立花弘晃(遠藤憲一)

爽の父で、検事正。 

 

 

立花茜(岡江久美子) 

爽の母で、専業主婦。

 

 

立花暁人(小出恵介:代役 賀来賢人)

爽の兄で、ジャーナリスト。 

 

 

安達虎太郎(白洲迅)

黎と爽の友人で、同級生。

 

 

浦西果凛(吉川愛)

黎を翻弄する、謎の女子高生。 

 

 

風見忠行(鈴木浩介)

晶子の同僚で、大学病院の准教授。

 

 

一ノ瀬義男(矢柴俊博)

刑事。 

 

 

香坂いずみ(山本未來) 

弁護士で、法科大学院講師。

 

 

まずキャストを見て気になるのは、

小出恵介の代役は誰になるのか?

 

もうドラマに出演できない人だから、

関係ないけど、触れずにはいられない!

 

今のところ代役は発表されてない。

もう1話目とか撮影してたら、

マジで迷惑かかっちゃうよね。 

 

 

追記

小出恵介の代役は、

同じ事務所の賀来賢人

することになりました。

 

俺がもし共演者だったら、

また撮り直しかよ〜ってなっちゃうけど、

福士蒼汰は今までイライラしたことがない

ってテレビで言ってたから、

この状況でも小出恵介の心配とか

するような良い子なんだろうな〜。 

  

 

犯人は誰?

司法修習生の奥森黎(福士蒼汰)は、

中学3年生のある日、

母・晶子(鈴木保奈美)を守るため

DVを振るう父親(堀部圭亮)を殺害した過去を持つ。

 

「罪にはそれぞれ事情がある」

と身をもって知ったことから弁護士を志し、

司法試験に合格。

 

現在は検察官の実務を学ぶ

「検察修習」に従事している。

 

そんな黎には、法科大学院のクラスメートであり、

検事を目指す立花爽(川口春奈)という

彼女の存在が。

 

あの事件以降、

「自分には恋愛する資格なんてない」

と思っていた黎だったが、

爽のある言葉に救われ、いつしか恋人同士となる。

 

ついには結婚の約束を交わすが、

ある日を境に黎の“秘密”を知る謎の人物から、

不気味なメッセージが届く。

 

その後も黎の周囲で不可解な出来事が

次々と起こり始め、

黎は次第に追い詰められていく…。

 

 

福士蒼汰が母親を守るために

父親の命を奪ったんなら、

しょうがないじゃん!

と、許してあげたくなる。

 

ろくでもない男に違いないから、

むしろお母さんの命をよく守ったって

拍手してやりたいよ。

 

ただ、その秘密を知る何者かが、

レイ(福士)にメールを送ってくる。

 

誰にも知られてないはずの秘密が、

知られていたって、それは焦るよね。

 

そして、面白いのが、

演者が犯人が誰なのか知らないようで、

特番で、福士蒼汰は親たちが怪しいと

言ってて、鈴木保奈美も私かもと、

作り方が面白いなと思った。

 

ちなみに、人の命を奪った時の罪の重さ

どれくらいなのか調べたら、

基本は5年以上だけど、

酌量減軽というので最短1年3ヶ月になることも

可能って記事を読んだ。

 

てか、中学生だから実刑じゃなく、

少年院に入るだけで済んだと思うから

素直に罪を償った方がよかったね。

 

今やってるドラマ「リバース」でも、

広沢が死んだという秘密を

みんなで隠そうとしてきたけど苦しんでたし、

秘密を抱えて生きていくっていうのは

しんどいことなんだよ。 

 

 

原案は秋元康

原作とかあるのかなって調べてみたら、

原案を考えたのは、秋元康!

うわっ、出たー!感がすごいw

 

ドラマのコンセプトは、

「恋人のことをどれくらい知っていますか?」

ということです。

 

きっと、誰もが何らかの秘密を

抱えながら生きているでしょう?

 

では、恋人が抱えている秘密が

どのくらいのものまでなら

あなたは耐えられますか?

 

CDが売れない時代に、

握手券をつけたりこの人の発想力は

ハンパないのは有名だけど、

ドラマまで手を出すとか守備範囲広すぎ!

 

あらすじを見てたら昼顔の最終回で、

紗和の旦那(鈴木浩介)が

「なんで一番そばにいる人の気持ちが、

 分からないんだろうなー」

って呟く印象的なシーンを思い出した。 

 

いくら恋人同士、夫婦であっても

全てを分かり合うのは難しい。

 

昼顔とは秘密の種類が違うけど、

男女がどうやったら仲良く

生きていけるのか学ばせてもらおう。

 

ドラマの肝となってくるのが、

黎がこの秘密を明かした時、

婚約者の爽はどうする?

 

自首を勧める?

2人で秘密のままにしとく?

 

渋谷暴動事件の容疑者が、

45年も逃亡した末に捕まってて、

時効って無くなったの?

と思ったら、人の命を奪った場合は

時効が無くなったんだって!

 

だから、もし自首するってなったら、

成人してるから少年院じゃ済まないよね。

もし俺が爽の立場だったら、

絶対2人の秘密にして生きてくだろうな。

 

毎回衝撃的なラストになるって書かれてたから、

次が見たくてたまらないパターンのやつ。

 

引っ張ってからの最終回でドーン!

とオチをつけるドラマが好きなんだけど、

視聴率とか求められるから

1話ごとに盛り上がりを作らないといけないのかもね。

 

インパクトの大きさが、

衝撃のラスト<小出恵介

と、出オチにならないことを祈ってます。 

 

スポンサードリンク

 

 

最終回までのネタバレ感想

1話 

3年付き合ってるサワとレイ。

何か言えないことを抱える2人。

レイは、母親にDVする親父の命を奪った

というとんでもない秘密が。

サワにプロポーズされ、結婚が決まるも、

どこか後ろめたさが残るレイ。

 

弁護士を目指し、司法修習生として

事件と真剣に向き合うレイだったが、

レイのお父さんのことを知る存在が現れる!

  

レイは警察に連絡しようとしたのに、

それを止めたお母さんの晶子(鈴木保奈美)

は、責任重いぞー。

 

「どんな凶悪犯でも、

 やり直すことはできると思う」

と、加害者の気持ちが分かるからなのか、

犯人に優しいレイだったけど、

俺は、安達虎太郎見たいな考え方だな。

あんな盗みをするジジイに情けはいらない。

 

低視聴率の女優としてよく話題になる

川口春奈だけど、超可愛いし、

それだけで見る人いるでしょ!

キスしてたー❤︎

 

あと遠藤憲一、マジで怖かったー。

チョコボールのCMで可愛いイメージ

を持ってたけど、これが持ち味って感じた。

目ヂカラがハンパないなw

「犯罪に手を染めた人間は、悪人なんだよ」  

 

イケメンの福士蒼汰だから

危うく肩を持ちたくなるけど、

レイの考えには賛同できないな。

 

レイが担当した犯人の男は、

ただのストーカーで、女の子の命を奪ってたし、

お父さんは掘り返されてたし!

 

これからが気になりすぎる展開。

このドラマ面白い!

 

 

2話

「お父さん、みーつけた」

レイに秘密を知る者からメールが届き、

サワと別れると決意する。

 

サワの元に、レイの家の戸籍謄本って、

回りくどいやり方をする犯人だな。

全て事実をそこに書いておけばいいのに

遊んでやがるな。 

   

二人の関係性が崩れかけたけど、

「私、レイの為なら犯罪者になってもいい」 

こんなに思ってくれてるのに、

 

「俺、15のとき、父さん・・・

 急にいなくなったんだ」

あーあ、ウソ継続です。 

レイ、サワからすぐに離れなさい。 

 

そして、落し物って、

あの時の車のカギが届き、

車が引き上げられる。 

 

 

3話

車が見つかったのは、通報があったからで、

鍵は風見先生のものだった。 

徐々に近づいてくる犯人!

 

「嘘を真実にする方法が一つだけあるわ。

 最後まで突き通すの」

このお母さん、なかなか悪い女だなー。

男は弱いから押しつぶされちゃうんだろうな。

俺だったら隠し通す自信なんか無いわー。 

 

「助けようと思ったら、助けられました」

マジで怖ぇーーー!

 

「かくれんぼは、もう終わり」

犯行時のレコードを流したり、

かなり近くで見た人間に絞れてくるよね。

通りすがりの人が見たとしたら、

これだけの時間寝かせておく理由がないし、

やっぱ、お母さんが一番怪しいかも? 

 

あの女子高生が、

なんでそんなに執着するのかが

 

レイが好きだったとしても、

犯人だとしたら、やりすぎだし、

そこまでの動機は無いよね? 

 

サワのお兄ちゃんと会ってたし、

そのあたりがカギになってくるかも。 

 

 

4話

レイのお母さんが階段から突き落とされる。

病室に届けられた黄色いバラの花。

それはなんと一週間前に予約されていた。

 

花が一週間前に宅配の手配されてたとか、

お母さんが怪我して病院に行くこと前提で

話が進んでたのが怖い。

 

JK「結婚するのに、何にも知らないんだ」

と異常にサワを煽ってくる。

そして、嫌がらせをしてきてたのは、

JKのかりんだった!

 

動機は、ちょっとイジワルしたくなったの。

そして、サワも嘘をついてた?

二人とも嘘つきなのか?

「秘密と恋って似てるね(ニヤリ)」

じゃねーわw

 

 

5話

お父さんの頭をカチ割る時に使った、

凶器のトロフィーがサワの家に届く。 

そして、サワの携帯に

「奥森レイの秘密は手帳の中」

というメールが届く。

 

トロフィーを見て笑うお母さん。

「これで安心ね〜

 警察に届けられなくて本当に良かった

 父さんもそのうち戻って来るんじゃない」

ってニヤリと笑ってたけど、おかしくなったか?

 

またメールで連絡してくる犯人。

みんなのメールアドレス知ってるし、

身近な人じゃないと納得いかなくなってきたぞ。

むしろ違ったら、キレるかもw

秋元康脚本だから、やっぱり引っ張るね〜。

 

手帳の中の、サワの女子高生時代の

写真の秘密は語られず。

 

そして、最後の婚約指輪に印字されてた文字が、

レイが思ったのと違ってるというホラー展開。

「1989 SHOKO KOSUKE」

 

証拠って最初思ったけど、

お母さんの晶子に、

コスケって何?と思ったら、

お父さんの名前「皓介」

 

指輪の印字って大切な作業を、

レイの確認もなく修正するお店も悪いよね。

犯人が電話で言ったというのか?

それかすり替えたのか?

ますます鈴木保奈美が怪しいんだが。

 

 

6話

虎太郎は指輪をすり替えた?

風見は、病院で癒着とか政治が絡んでる?

レイの部屋から盗聴器が出てくる、、、。

 

犯人、敷地内に勝手に入ってきて、

張り紙してるとかやりすぎというか、

相変わらず遠回しなやり方。

 

盗聴器が部屋から見つかり

プッツン来てしまったレイ。

犯人に誰かとメールを返信すると、

「君を一番よく知っている人」

と返ってくる。

もー、そろそろ教えてよw

 

「父さん」

って、墓に黄色いバラを怖い顔してたむける風見。

怪しいなと思ったら、最後にサワが

「犯人」と言い放った意味が知りたい。

風見が犯人なのかー?と思いたいところだけど、

真犯人はここまで来たら、

最終回まで引っ張るつもりなんだろうな。 

 

・7話

・8話

・9話

・最終回