俺のマダンテ

勇者は戦い続ける!

【陸王】3話の感想!諦めの悪い男、飯山顧問に泣けた〜

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yuhei2261/20171016/20171016005903.jpg

前回は、アトランティスに契約を切られ、絶望の淵にいた茂木(竹内涼真)だったけど、ついに陸王を履いてくれて一安心。

シルクレイも使えるように、陸王の完全体に向け、本格的な開発が始まるってところで終了。 

 

今回は、11月5日に放送された「陸王」3話の感想を書いていきます!

諦めの悪い男、飯山顧問に泣けた〜。 

 

スポンサードリンク

 

 

 

陸王 3話のあらすじ

宮沢(役所広司)の懸命な説得によって、「陸王」開発にかかせない素材「シルクレイ」を使用できることになったこはぜ屋。

飯山(寺尾聰)は特許使用の条件として、自分自身も陸王の開発チームに加わりたいと申し出る。

こうして陸王の本格的なソール作りが始まろうとしていた。

しかし富島(志賀廣太郎)は、一度は会社をつぶした飯山という人間が果たして信用できるのか懐疑的な目を向けていた。

一方、アトランティスからスポンサード契約を打ち切られた茂木(竹内涼真)は、怪我を治すため藁をも掴む思いで宮沢が送った陸王に足を入れた。

その履き心地に驚きを隠せない茂木だったが、走るうちにソールの不安定さが露呈して…。

(出典:http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/story/)

   

大地が飯山のアシスタントへ

f:id:yuhei2261:20171105223854j:plain

「就職決まる前に、少しは会社に恩返ししないとな」 

シルクレイの開発に向け、飯山(寺尾聡)のアシスタントとして働きだした大地(山崎賢人)

これまでは、就活で苦戦するだけの大学生だったけど、やっと物語の歯車に絡んできたと感じた。

 

シルクレイのソール開発

f:id:yuhei2261:20171105223942j:plain

飯山と大地は、シルクレイをランニングシューズに適した硬さにするため試行錯誤を繰り返すも、失敗の連続。

 

エジソンの名言を思い出した。 

「失敗ではない。うまくいかない1万通りの方法を発見したのだ」

 

成功する人間の条件は、諦めの悪く、ポジティブな人なんじゃないかな。 

いい加減そうに見えた飯山顧問だったけど、深夜まで1人でシルクレイと向き合う飯山。

誰よりも諦めの悪い男に、感動して泣けたな〜。スラムダンクの三井を思い出した。

 

鳥居みゆきの高校に陸王1200足

f:id:yuhei2261:20171105224026j:plain

栗山(鳥居みゆき)の高校から、陸王を発注したいとの依頼を受け、大喜びのこはぜ屋。

これで実績ができ、銀行の融資を頼めると思ったけど、嫌味ったらしい銀行員にキレた社長は定期預金を解約するという最終手段に出る!

 

鳥居みゆき、久しぶりにテレビで見たけど、昔のようなクレイジーっぷりはすっかりなく、普通のお姉さんでビックリ!

最近は舞台の仕事をしたり、女優よりの仕事をされてるみたい。

 

決して折れない宮沢社長が胸を打つ

銀行に融資をお願いするも冷たくあしらわれ、茂木選手に会わせてもらえるよう、陸上部の監督に何度も何度も頭を下げにいく。

会社の社長で、あんなに歳を固めても、人に頭を下げられる宮沢社長を尊敬する。

 

「嘘から出た誠ってのがあるだろう。そのぐらい強く思っていれば、必ず道は開ける」

宮沢社長の名言だけで、一冊の本が作れるんじゃないかと思えるほど。

 

スポンサードリンク

 

 

みんなの感想

 

 

 

陸王 3話のまとめ

今回は、特に泣けたって声で溢れてた!

ついにソールも完成し、こばせ屋の社員かと思うぐらい一緒に感動してる自分がいた。

明日への活力をもらえる最高のドラマだな。

 

whatblog.hatenablog.com

 

whatblog.hatenablog.com