読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のマダンテ

勇者は戦い続ける!

フランケンシュタインの恋5話!嘘をつく汚さを研さんには見せたくない

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/y/yuhei2261/20170418/20170418104830.png 

ドラマ「フランケンシュタインの恋」 

嘘をつくのが、人間。

4話の感想と、5話のあらすじを書いています。

 

目次

 

スポンサードリンク

 

 

フランケンシュタインの恋、4話の感想 

研さん(綾野剛)と津軽(二階堂ふみ)が、一緒に手をあげて信号を仲良く渡る。

ただ、信号を渡るだけであんなにハッピーになれるんだなと感動しちゃいました。

ピュアってことは、素晴らしい。 

 

電車や散歩を知らなかったり、ラジオを聞いてたわりに意外と物事を知らない研さんが印象的でした。

喋り方もこれまでにも増して、カタコトだったしw

 

何が欲しいのかと聞かれ、キノコガチャをする津軽。

 

f:id:yuhei2261:20170514233805p:plain

このガチャ、リアルにあるのかな?と思って調べてみたら、ありました!

これは明日から、ガチャポンを探す人が増えるかもね。

 

ブランチ病?にかかってて、いつ死んでもおかしくないって津軽はアピールしてたけど、みんないつ死ぬかなんて分からないのは一緒。

 

津軽に告白するも、破れる研さん

思わせぶりな津軽がイラるわ〜。

 

「恋なんて目に見えない

 頭を使って、振り回されたくない

 私が恋をしても、仕方がないんです」

もうネガティブ全開の津軽に俺のイライラもMAX!

世の中、もっと辛い病気でも頑張って生きとる人がいるんぞ!

 

木にアカナリカミタケを大量に生やし、革命を起こすと宣言する研さん。

あんた、最高だよ!

そんな4話でした。 

 

 

嘘をつく汚さ

ここからは妄想も入れながら、5話のあらすじを書いていきます! 

 

稲庭(柳楽)がフランケンシュタインを、ラジオに売ったような場面で4話は終わったけど、実はその逆。

フランケンシュタインをネタにしてほしくないと天草に話すも、天草はネタにする気はなく、純粋にフランケンシュタインに興味を持ち、研さんに会いに来る。

天草と研さんの共演に、胸が高鳴ってくる。

 

天草にラジオに出てみないか?と言われ、ラジオブースに行く研さん。

「フランケンシュタイン、120歳です」

DJのハゲと女が絡んでくるけど、研さん負けんじゃねーぞ!

 

もう一方で、「母親が病気で困ってる」と嘘をつき、研さんの給料をたかりにくる同僚の飯塚(葉山奨之)

あの金髪野郎最低だなと思ったけど、工務店メンバー全員で殴り込みかけてたから、飯塚もまた誰かに騙されてたんだろうな。

 

嘘や騙し合いの汚い世界を、ピュアな研さんに見せたくないよ。

でも、救いなのは、津軽と両思いになれること。

早く二人で“抱擁”をするシーンが見たいです🖤

 

スポンサードリンク

 

  

Twitterのみんなの反応

フランケンシュタインの恋について、みなさんがどう思ったのか、放送終了したら見ていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

天草はミュージシャンだったけど、相棒がまさか命を絶ってたなんて・・・

かわいそうな天草だけど、まだ信じていい人なのか判断がつかないから怖い。

そして、美琴はカッコよかったね❤︎

最後まで見ていただきありがとうございました🙏

 

 

オススメ記事 

whatblog.hatenablog.com

 

whatblog.hatenablog.com

 

whatblog.hatenablog.com