俺のマダンテ

勇者は戦い続ける!

聖の青春の主題歌「終わりのない空」の曲と歌詞に涙が止まらない

 

松山ケンイチが主演の映画「聖の青春」をどうしても見たくてたまらない勇者です。

 

そして、その映画の主題歌になってる「終わりない空」というのがものすごく良い曲でかなりの確率で人を泣かせる力があると私は思っています!

 

その感動をみなさんもぜひ体験してみてほしい! 

 

目次

 

スポンサードリンク

 

 

聖の青春

f:id:yuhei2261:20161107195123j:plain

映画「聖の青春」

将棋の羽生さんと互角に渡り合ったという聖(さとし) 

しかし、幼い頃から難病と闘い、膀胱がんにかかりながらも駆け抜けた29年の生涯を描いた作品。

 

村山聖は広島に生まれた実在の棋士ということで、ノンフィクション小説の映画化ということで気持ちが高まってます!

実際にあった出来事ですごい物語とかだと感動も増すような気がします。

ぜひ、予告動画を見てください!

 

youtu.be

 

映画見に行きたくなったでしょう!  

 

主題歌「終わりのない空」

先ほどの予告動画を見たらみなさんも思ったはず。

曲がいいなと!

自分なんか、曲が流れただけでもう自動的に泣いちゃうという状態にまでなっています。

 

この映画の主題歌となったのが「終わりのない空」

秦基博が村山聖の生き様に感銘を受けて作られた曲だけどA面は70億のピースみたいだね。。。

   

サビの歌詞がいいんだよね~。

痛いほど僕ら瞬間を生きてる

もう何も残らないくらいに

このサビを聞いてると、村山と羽生が将棋を差してるシーンが目に浮かんでくる。

 

それと2番のサビなんだけど、ここの歌詞も好き。

生きるほど僕ら悲しみを重ねる

踏み出すことためらうくらいに

ここの部分は村山聖が生前に書いた言葉を参考にしてるんじゃないかなって思いました。 

 

人間は苦しみ悲しむために生まれた。

それが人間の宿命であり、幸せだ。

僕は死んでも、もう一度人間に生まれたい。

自分の病気に苦しむ運命を受け入れられないというような叫びの言葉とも思ったけど、でも最後は人間に生まれたいって言葉を見て涙が出てくる。

決して自分の人生を呪うわけではなく、むしろ前向きな発言。

もし自分が聖だったなら心が折れてクソみたいな人生で終わってたんだろうなって思う。

 

‟神様は乗り越えられる人にしか苦難を与えない”というような言葉がいろんな作品とかで言われたりしてて、それならどうしょうもない奴の方が得なの?とかひねくれた考え方をしてたけど、さとしという人に触れて本当にそうなのかもしれないなと思いました。

 

全ての歌詞を見たいという人はこちら。  

終わりのない空 - 秦基博 - 歌詞 : 歌ネット

 

MV動画 

公開を目前として、テンションを上げて映画に臨むために主題歌のMVを探す俺。

YouTubeで動画を探して、あった!と思って開くもどれも釣り動画で全く曲が聞けない(怒)

夕焼けとかキレイな景色が背景のやつとか100%偽物だからみなさん絶対に見ないように!

秦さんが映ってて、これかなと思って開くもそれも偽物。

 

主題歌の入ったCDは、すでに10月発売されてるのですがMVビデオは配信されていない(2016年11月9日現在)

A面の70億のピースの動画はあったので、申し訳ないのですがこちらで我慢してください。

 

 

 

最後に 

秦基博の優しくもメッセージ性のある曲が映画にピッタリと寄り添ってて最高!

音楽もその映画や原作などからインスピレーションを受けて作った作品だとしっくりきて映画を盛り上げてくれますよね。

ヘビロテ決定だな!