読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のマダンテ

勇者は戦い続ける!

吉良奈津子、最終回!全てがうまくいきすぎて気持ち悪い

 

どうも、勇者です!

 

 

 

f:id:yuhei2261:20160922230137j:plain

ブロッコリースプラウトってのを何年かぶりに食べたけど、美味しかった。

 

 

 

体にもいいだろうし、続けていこうかな?

 

 

 

それじゃあ、本題いってみよう!

 

 

目次

 

吉良奈津子

前回はコンペに向けて、営業部一致団結して頑張ってて、よしいけるぞ!って雰囲気になったところでのDAIGOの仕業で台無しにって感じだったよね。

 

 

 

もう途中から眠かったのと、ありふれた展開にちょっと嫌気がさした9話だったな~。

 

 

 

whatblog.hatenablog.com

 

そして、いよいよ最終回。

 

 

 

他のドラマは最近9話とかで終わったりするのが多かったけど、これだけはきっちり10話あるんだな。

 

 

 

バスケの放送時間が延長したから、10分遅れでスタート。

 

 

 

バスケ、沖縄の後半の追い上げが面白かったけど、残念だったな~。

 

ごめん話し飛んじゃったw

 

 

 

最後どうなるか、見届けさせてもらうぜ!

スポンサードリンク

 

最終回の感想

病室にいる吉良奈津子の元へ、DAIGO登場して自白したんだったな。

 

 

 

コンペ当日に役員会で、東邦広告とK&N社が合併するというのを決定し、従業員の半分がリストラされるし、営業部も潰されるのが決まっているという情報を言うDAIGO。

 

 

 

それをわざわざ教えるってことは、本気で潰したいとは思ってないってことね。

 

 

 

退院すると、緑色の気持ち悪いスーツ姿の泰造と話し合いw

 

 

 

浮気したことについて謝るも一線は超えてないと言う。

 

 

 

そんな苦しい言い訳とか聞きたくもないわってなるよね。

 

 

 

吉良は体より、気持ちが動いたことを指摘。

 

 

 

吉良はまだ完全には許せないけど、前を向いて歩こうっていうのと、ママと仕事どちらも中途半端だったと反省し、仕事を辞めると言う。

 

 

 

仕事頑張ってたと思うけど、泰造的には家庭が安定するから嬉しいかもね。

 

 

 

泰造も結構稼げる仕事してるみたいだから専業主婦と今の世の女性からしたら超幸せな状態だよね~。

 

 

 

上司にコンペで勝ってもどうにもならないと笑われるも高木に喝を入れられ立ち上がる吉良。

 

 

 

ペットボトルにメッセージを書けるようにして、大切な人に渡すというので攻めることに。

 

 

 

DAIGOは上司に辞表を出すとなにやら上司に頼まれる。。。

 

 

 

吉良はコンペには行かないといい、役員会議に乗り込む

 

 

 

シティドリンクのコンペに勝てば100億入るから待ってくれとお願いする。

 

(謎の営業部の部下たちの紹介を始める吉良w)

 

 

 

一方、高木と営業部はコンペでプレゼンをし、コンペで勝利!

 

 

 

上司がなんと吉良側に回り、社長を辞めさせることに成功。

 

 

 

うーん、うまくいきすぎでなんか気持ちが悪い。

 

 

 

吉良は辞表を出し、家に入ると後日、謎のDVDが届く。

 

 

 

部長の席は空いてますよ、みたいな内容なんだけど、誰がカメラマンしたんだよってツッコんだよね(高木だったみたいだけど)

 

 

 

そして、吉良は会社に戻り、高木は会社を辞めてフリーに、という流れで終了。

 

 

 

最後に

うーん、最後まで見てきての感想だけど、最初はベビーシッターの怪しいオーラにワクワクしてた自分がいたけど、途中から飽きてしまった

 

 

 

義務のように書いてた気がするよ(笑)

 

 

 

最終回もなんかくさい感じの演出に悪い意味での鳥肌がたってた。

 

 

 

そういえば、DAIGOに最後救いとかは無く、結局辞めちゃったんだな。

 

 

 

最近、刺激が強くないと満足できなくなってる俺がいるのかもって不安になる時がある。

 

 

 

松嶋菜々子は砂の塔って10月から始まる次のドラマにも出るからそっちに期待してる!

 

 

たぶん面白そうだよ。