読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のマダンテ

勇者は戦い続ける!

家売るオンナ、最終回!視聴率も好調で続編に期待

 

どうも、勇者です!

f:id:yuhei2261:20160915090436j:plain

前から食べたかった乳酸菌の入ったチョコを食べてみた!

 

お腹がゆるいからかなり期待してる。

 

それじゃあ、今日の本題いってみよう! 

 

目次

 

家売るオンナ

いよいよ最終回とは、色々思い出されるドラマだよね。

 

前回は、国際結婚する娘とその親の二世帯住宅の話と、庭野の気持ちがあふれ、三軒家にバックハグをするという驚きの展開だったよね。

 

あんなことされたら、よっぽど生理的に受け付けない相手じゃなかったら、キュンとしちゃうんじゃないかなーなんて思ったり。

 

庭野の恋は叶わないんじゃないかなって予想してるけど、最終回いってみようか! 

 

スポンサードリンク

 

最終回の感想 

こころちゃんがお店がやばいと八代課長に助けを求める。

 

ビルを壊して土地を売りたいという話で、立退料とか貰えるから他の場所に移動したらいいじゃんと言うも、あそこは自分の故郷だから出て行きたくないと言う。

 

もう課長に甘えちゃって、課長も公私混同だよなーって部下から飽きられてたしw

 

望月(凰稀かなめ)が娘が事故で足が不自由になったから、家を買いたいと訪ねてくる。

 

凰稀かなめって女優さんなんだけど、目鼻立ちがハッキリしてて話し方がいかにも宝塚っぽいなーと思って調べてみたら、元宙組の男役のトップスターって書いてあってやっぱりって思った。

 

やっぱ、宝塚の人って宝塚なんだよね~(意味伝わってるかな?w)

 

ちちんぷいぷいの入ってるビルの他の開いてる部屋を調べる三軒家が最高にホラーで怖かったよねw

 

ハイヒールでじだんだ踏んだり、飛び跳ねたりして何かを確かめてる三軒家の姿がウケたわw

 

足立が、三軒家チーフが異動するかもという情報を知り、庭野にちゃんと捕まえといたほうがいいぞとアドバイス。

 

前回予告のバックハグは、足立の妄想だったのか(笑)

 

娘の望月カンナ(堀田真由)に会いに来た三軒家に対して、ずっと病院にいるから新しい病院はいらないと言う。

 

医者は足はもう治ってるって言ってるから、体より心が折れてる状態なのかもな。 

 

バレエに全てをかけてきたというような人生だろうから、それを奪われて絶望してるんだろう。

 

望月の旦那はシンガポールで働いてて、超金持ち。

 

病室代が月165万円かかるけど、それが払えるならずっとそこにいればいいじゃんって貧乏人はそう思っちゃうよね。

 

ビルのテナントを埋めて、ビルごと売る流れに。

 

三軒家が異動するというのを盗み聞きして落ち込む白洲美加(イモト)。

 

確かに、課長がいなくなって別の人になったら一瞬でクビになるだろうからなー。

 

でも、何かスイッチが入ったのか、営業の電話をかけまくる。

 

そして、三軒家が異動するってことをポロッと言ってしまう(まあ、読めたけどねw)

 

庭野の「ちょ、万智」って妄想がツボった(爆笑w)

 

その妄想を現実のものにしようとするも「後ろに立つなー!」と一蹴されるw

 

娘に「再挑戦すればいいのに逃げてる」とズバズバ言い、庭野には物件の雑用を任せ、お母さんを尾行。

 

何か盗撮してたけど、使ってるカメラは北川景子がCMしてたSONYのカメラでなんか安心した。

 

みんなテナントを埋めるため奮闘する。

 

一方、三軒家は娘に盗撮したお母さんの踊る姿を見せ、ゴキブリのおもちゃを使って娘を立たせることに成功!

 

家を売ろうと頑張ってた白洲美加だったけど、結局最終的に売れず、ワーワー泣いてると三軒家が

 

「白洲美加!

 

 あなたは会社を辞めなさい!

 

 今まで何人もの新人に出会いました。

 

 しかし、白洲美加ほど学習能力のない人間はいませんでした。

 

 あなたは仕事に向かない」

 

とバッサリw

 

気持ちのいいくらいハッキリ言ってくれるから好きになるんだよなー。

 

足立に結婚してくれと泣きつくも無理だと言われ、キスしたら諦めるという白洲に対して、足立は・・・

 

キスしなかったw

 

いいぞ、足立、こういう女は一度甘い汁吸ったら余計ウザくなるだけだからな。

 

次の日、白洲美加は会社を休む。

 

足立がテナントを一つ埋め、盛り上がるところに上司から電話がかかってきて、サイトウビルは本社が再開発するから手を引けと言われる。

 

課長は会社とこころちゃん、どっちを取るんだ?という流れに。

 

課長は上司の言うとおりにしようとしてるところに、「会社の犬!」と罵る三軒家。

 

そして、立て続けに、私はテーコー不動産にお世話になったつもりはないし、自分のお客様が一番と言い出す。

 

サンチーのいうことは正論かもしれないけど、社会のルールとしては上司の命令は絶対だし、それを犬って言われる課長が可哀想に見えた。

 

そりゃ、課長だって気持ちとしては三軒家と同じはずだよ。

 

クビになっても構いませんという三軒家はカッコイイかもしれないけど、みんな犬なんだよ。

 

犬になりたくなかったら、自分が会社のトップとして起業するしかないでしょ。

 

三軒家が連絡もなくいないという状況にうろたえる皆に対して、

 

「僕がいればこの課は大丈夫ですよ。

 

三軒家チーフが帰ってこないなら、僕がチーフを務めます」

 

超カッコイイじゃないかー!

 

確かにこの課は三軒家に依存しすぎだったよね。

 

三軒家がどこにいるかと思ったら、シンガポールとかお父さんに会いにいってたのかな。

 

三軒家が望月と娘に紹介した物件は、サイトウビルで2階に住み、1階はバレエ教室という物件にリフォームし、お父さんにビル1棟買ってもらいましょうってスゴイな。

 

愛はお金です!

 

出たー、究極の名言。

 

金が無い俺には耳の痛いお言葉(泣)

 

10億円でビルを売り、カンナを立ち上がらせることに成功。

 

こんなサクサク仕事をされたら、課長の顔がないよな(汗)

 

一緒に辞表を出そうと言ったあと、1年後に話は飛ぶ。

 

田舎のサンチー不動産というところで2人で不動産を立ち上げてたっていうね( ゚Д゚)w

 

そして、もっと驚きだったのが白洲美加が宅間ってやつと結婚して妊娠もしてたっていうね!

 

布施が課長になり、足立がチーフになって新宿営業所も順調に頑張ってるみたいで、バレエの娘はまたバレエに打ち込み、ちちんぷいぷいは昼間の営業も始めたとのこと。

 

 

最終回終わってしまったな~ってちょっと寂しさの余韻に浸る俺。

 

最後、屋代課長と三軒家は会社を辞めたのか辞めさせられたのかは分からなかったけど、三軒家はやっぱり性格上起業して間違いないよなって思った。

 

でも、どこかで会社の上層部とバトルする姿も見たかったし、半沢直樹じゃないけど、倍返ししたりして社長へとのし上がっていくっていうのもありかなって思っちゃった。

 

その部分を映画スペシャル特番とかでぜひ描いてくれたら嬉しいな!

 

視聴率も今期ドラマの中でも一番よかったみたいだし、続編期待してます(^^)