読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のマダンテ

勇者は戦い続ける!

【映画】怒りのネタバレ感想やキャストについて!

 

お金がなかったり、腰が痛かったりと、とにかくイライラしてしまう自分に一番腹が立つ勇者です。

 

でも、車の運転マナーが悪い奴が多くてイライラして、それを見た人が俺に怒ってわやくちゃになるっていう大変な日々w

 

みんな日々の生活で、いろんなことにイライラしてると思うけど、今回のテーマはその怒りです!

 

目次

 

映画 怒りのネタバレ 

国際映画祭って、日本だけじゃなく世界的な映画というわけね!

 

いや、そうなってもいい作品でしょう。

 

ネタバレもあるかもしれないけど、ストーリーのあらすじなどを書いてみます。

 

全ての発端は、八王子で起きた事件

 

夫婦が何者かに命を奪われ、現場の壁にはという血で書かれた文字が残されていた!

 

事件は解決しないまま、犯人は1年間顔を変えながら全国を逃亡していた。

 

東京、沖縄、千葉に素性の知れない3人の男が現れる。

 

この3人の内の誰かが犯人なのか?

 

というのが内容となってるんだけど、このストーリーを最初知ったときに、自分で顔を整形したりして最終的に無人島に行こうとしてるところを捕まった市橋達也を思い出した!

 

事件後に自分で鼻を縫ったりホクロを取ったって情報は今日初めて知ったんだけど、執念みたいなものがハンパないよね。

 

壁に‟怒”って書いて書いてあるという衝撃のシーンだけど、被害者のダイイングメッセージかと一瞬思ったけど、そんなことないだろうから、犯人の異常性が一発で伝わった。

 

そして、この作品を書いた原作者の吉田修一

 

作品を書いてる途中でも誰が犯人になるのか決めないまま書き進めていったというコメントをしてて、すごく斬新な書き方だなって驚いた。

 

あとで調べたら、この作品を書いたキッカケになったのが市橋達也の事件だったという著者のコメントを見つけたよ!

 

だから、フィクションではあるけど、独特な臨場感が伝わってくるのかもしれないね。

 

そして、映画「悪人」でタッグを組んだ李相日監督との2作目ということで、悪人を見て面白かった俺の期待度はグンとUPしたよね。

 

李監督って厳しい演技指導をするっていうので有名だけど、日本語でペラペラしゃべる動画を見てビックリ!

 

在日3世ということで、バリバリの日本生まれだったのねということで納得。

 

もっとネタバレ情報が知りたいところだけど、知りすぎても見に行ったときの面白さが半減しちゃうからこのへんで。

スポンサードリンク

 

キャスト

聞いたことがないという俳優さんがいなくて、全員主役張れる力のある人ばかりだし、この怒りって映画は特に主役がこの人だって決めてないからそれだけみんなが主役なんだというスタンスで作られ、監督も魂をぶつけ合う映画に仕上がったと言ってた。

 

キャストがこちら!

 

妻夫木聡

東京編で登場。

 

大手通信会社で働くエリートサラリーマンの藤田優馬(ふじたゆうま)を演じる。

 

パーリ―ピーポーみたいな人達が水着姿でEDMのような音楽でノッてるところに妻夫木がいて衝撃的だった!

 

末期がんを患うお母さんがいるにも関わらず、男性好き。 

 

直人は、八王子の犯人のホクロが縦に3つ並んでるというのをテレビで見て、直人を疑い始める。 

 

綾野剛 

住所不定で謎の多き男、大西直人(おおにしなおと)を演じる。

 

直人も優馬同様男が好きで2人はそういう関係に。

 

髪を自分でチョキチョキ切ってるシーンが怖かったな。

 

まあ、俺も自分でセルフカットするんだけど、俺とはわけが違うかw

 

役作りとして、2週間妻夫木と同棲生活を送るという気合いの入れようで、ストイックな俳優さんだよなーって思った。

 

ホントに好きになっちゃダメだよって心配になったよね(笑)

 

高畑充希

直人の過去を知る女、を演じる。

 

番宣用のポスターとかには載ってないから、メインではないのかもしれないけど、そんな部分に主役級の高畑充希を起用するとはどんだけ豪華なんだよ!

 

森山未來

沖縄編に登場。

 

謎のバックパッカーで無人島に籠る田中信吾(たなかしんご)を演じる。

 

役作りで、撮影が始まる前に無人島生活をしたという!

 

海水で頭とか洗ってたっていうからすごい。

 

でも、無人島で見上げる星空はキレイなんだろうなーってどこか憧れてしまった。

 

広瀬すず

母と2人で沖縄に移住した女子高生、小宮山泉(こみやまいずみ)を演じる。

 

辰哉と一緒に無人島に行き、田中と出会い惹かれていく泉に悲劇が・・・

 

どうしても泉が演じたくてオーディションで勝ち取ったみたいなんだけど、事務所のプッシュが普通ありそうなものだけど、李監督だからそんなことはしないかもね。

 

なんか、かわいいだけの女の子ってイメージだったけど、女優広瀬すずがたっぷり見られそう。

 

佐久本宝

泉の同級生の知念辰哉(ちねんたつや)を演じる。

 

一般オーディションで1200人の中から選ばれたという沖縄出身の新人さんなんだって!

 

正直初めて佐久本宝って聞いたんだけど、これから売れてく俳優さんになるかも。

 

だって、これだけの大物たちと共演したら、どこでも楽勝でしょ!

 

渡辺謙 

家出した娘を連れ戻すため、東京に来る、槙洋平(まきようへい)を演じる。

 

渡辺謙とかハリウッド映画やブロードウェイの舞台だったと思うけど、英語で歴史ある舞台の主役をしてたの情熱大陸で見たけど、すごい人だよね!

 

田代に疑問を抱き、過去を調べていくと・・・

 

宮﨑あおい

槙愛子(まきあいこ)を演じる。

 

家出から地元千葉に帰り、田代哲也に優しくして好きになってく。

 

役作りの為、体重を7キロ増量したって聞いたんだけど、それでも痩せてるくらいに俺は思う。

 

むしろもう痩せないでキープした方が絶対男のファン増えるから! 

 

松山ケンイチ

愛子が家出中に洋平の漁港で働き始めた前歴不詳の田代哲也(たしろてつや)を演じる。

 

田代の過去が作品のキーポイントになるのか?

 

ど根性ガエルで演じてたヒロシ役とは真逆の役だなって笑っちゃったw

 

池脇千鶴

愛子の従姉妹の明日香を演じる。

 

池脇千鶴とか超久しぶりに見た気がするけど、ちょうどポジション的に宮崎あおいあたりと被るから色々ありそうw

 

感想

公式HPで、見た人の沢山の感想が載ってるんだけど、どれも深い言葉ばかり!

 

その中で好きな感想がこれ。

 

「信じることの難しさを実感させられる映画でした。

 報われないとわかっていても真実を知った時に彼らが一瞬でも幸せを感じてくれたらと願ってやまないです。」

 

これはジュンク堂書店の方の感想なんだけど、 人を信じることというのと、信じる心を裏切りなどで報われないときにその怒りをどこにぶつけていいの?というやり場のない感情っていうのが表現されているのかもしれないなって予想した。

 

それと一瞬でも幸せを感じてくれたらって言葉を見て、ハッピーエンドというわけにはいかないんだろうなっていうのが読み取れたんだけど、俺はバッドエンド系のエンディングを迎える映画の方が好きだからそこは嬉しいかも。

 

www.ikari-movie.com

 

見に行く前に気持ちを高めたいという人はぜひ見てみて!

 

最後に

愛した人が犯罪者だったとしても、信じたいという思いや怒りがぶつかり合った作品なんだろうなって思った。 

 

泣き叫ぶ広瀬すずの姿なんて見た事ないもんな!

 

多少のネタバレ知識をつけてしまったけど、これは2016年で1番くらいに楽しめる映画になるんじゃないかって予感が俺の中でビシビシきてる。

 

内容もそうだけど、役者たちの本気度がその辺の作品とはわけが違うなっておもったし、それは李監督だからそうさせてるのかもなって思った。

 

ぜひ劇場でみんなも確認してみよう!