読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のマダンテ

勇者は戦い続ける!

仰げば尊し、第6音!高畑裕太の事件でDVDの販売は中止?

 

24時間テレビは、深夜のお笑いしか見ない勇者です。

 

しかも録画で見てるっていうね(笑)

 

それじゃあ、今日の本題いってみよう! 

 

目次

 

仰げば尊し

24時間テレビのあとは、仰げば尊しということワクワク。

 

前回は樋熊先生の病名が、すい臓がんだったことが判明。

 

1話目から分かってたことではあるけど、改めてショックを受けてしまったよね。

 

5話では最初っから、お前ら仲間や家族を大切にしろよ!って ずっと振ってたから来るなとは思ってたけど、5話目で来るとは思ってたより早かったな。

 

言い方悪いけど、8話、9話あたりで先生がパタッと逝っちゃうかと思ってたから、ここから闘病してってからのってなってくると見るのも辛くなりそうで怖い。

 

whatblog.hatenablog.com

 

でも、そこは受け止めていかないといけない。

 

涙を拭きながら見る覚悟でいかないと。

スポンサードリンク

 

DVDの販売は中止?

それと、24時間テレビで思い出したけど、先輩の陣内役をやってたの逮捕された高畑裕太だったから驚いたよね!

 

放送内容はどうなるの?代役とか立てるのかなとか思ったけど、もう陣内の出番はほぼ終わってるような内容だったからこのドラマへの影響はないかもねなんて思ったり。

 

なんかテロップとか出たりするのかとも思ったけど、わざわざ触れないよね。

 

でも、心配になったのがDVDの販売

 

逮捕者が途中で出た場合は、DVDの販売は中止されるのかな?って調べてみたら、途中で犯罪者が出てしまった場合は販売が中止になることもあるみたい。

 

それかうまく編集するか、その部分だけ撮り直したら大丈夫だろうけど・・・

 

人生なにがあるか分からないし、今年の芸能界は異常だよね。

 

それじゃあ、いってみよう!

 

6話の感想

病院で樋熊の心配をする多部未華子だけど、地区大会があるから手術はしないという先生。

 

心の火だとしても、命は一つだよ、先生(泣)

 

2.3日は入院が必要という医師にコンクールがあるからと言うも学校には言わないでくれと多部にお願いする。

 

先生が出られない日があると吹奏楽部の生徒に伝えると一気に不安がる中、青島が

「おめーら、何の心配してんだよ!」

とバッサリ。

 

コンクールとか自分達のことばっか心配してんじゃねーよって喝を入れるとそこへ、

「そんなことないぞ」

と、樋熊登場。

 

木藤良(きとら)も言ってたけど「無理しないで、休んだほうがいいんじゃない」ってまさにそれな!

 

みんなの心が一つになる美崎サウンドを響かせよう!

 

石井杏奈ナレーション入れてんじゃねーよ、過去のものみたいに語りやがって。 

 

練習を終わると腰を痛そうにする樋熊。

 

知り合いが言ってたけど、すい臓がんって見つけるのが難しいから、発見したときには手遅れになることが多いって聞いた・・・

 

なんか木藤良が切なそうな顔をちょいちょい見せてるけど、気になってたら、家庭訪問だと樋熊と娘が家に。

 

留学のために、願書を出さないと間に合わないというも、「留学はしません!」と言い出す木藤良。

 

「才能があるのに、先生はもったいないと思うけどな」

 

受験とコンクールの日程が一緒の日だから、留学を諦めるという悲しい状況があったから悲しそうだったわけだな。

 

これは高校生には悩める状況だし、親や周りが留学しろしろ言うほど、行きたくなくなるだろうし、これは木藤良自身に答えを出させるしかないよな。

 

でも、高杢と桑田が留学話を聞いてしまい、安保が

「留学したいの?」

と聞く。

 

「好きにしろよ」

さすが、青島と安保は分かってるな。

それが真の友達ってもんだけど、なにか他の答えがあればいいけど。

 

パンチの高杢が口を滑らせ、部員に動揺が広がる。

 

樋熊の意見

「どんな道を選んでも、一生懸命

 生きてくれたらそれが一番だよ!

 みんなこれから選択を

 迫られることもあるだろう。

 失敗することもあるだろう。

 でも、悔やむことはないぞ。

 それはお前らが前に

 進んでるって証だ!」

 

ホント良いこと言うよなー。

 

ウシジマくんの先生とか、小学生の生徒の親からのクレームに怯えてばっかで、最後はキレて殴ってたからね。

 

真逆すぎてウケたわw

 

「お前が行くのは、音楽の学校だろう」 

 と、木藤良を後押しする青島。

 

樋熊の言葉を伝え、「進んでみろよ」と言い、愛の鉄拳をくらわす!

 

これがヤンキー流の優しさなんだよね、分かるぞー(泣)

 

「夢、夢うるさいんだよぉーー!」

 と青島を殴る木藤良( ゚Д゚)

 

後悔してほしくないと泣きながら

「蓮、行けよ」

 

青春だなー(しみじみ)

青島、カッコイイじゃん!

そして、もっといいのが部員に頭を下げる。

 

心は繋がってるとみんなを優しく包む樋熊とか最高のパターンじゃねーかよー(号泣)

 

ミサンガでみんなの心は更に一つになったな。

 

サックスのファーストは、井川に任せコンクールへ向けた本格的な練習スタートする。

 

ウォーターボーイズとかは本当にやってる感が伝わってくるけど、吹奏楽は実際に吹いてるのかどうかいまだに見分けがつかない俺。

 

絶対に負けられない戦いがここにはあるんです!(ジョンカビラ風w)

 

「離れていても心は一つだよ」 

 

これで決意が固まったように見えた木藤良。 

 

うわー、絶対最後、樋熊の体調がなんかあるなとは思ってたけど、倒れた姿を見て、うわーって言ってしまった。

 

そして、コンクール当日!

 

先生来ないかと思ったけど、来たから生徒以上に安心した俺(笑)

 

パンチ、新井先生に特攻って書いてあるリストバンド渡すときは笑ってしまったわw

 

笑って泣けて最高のドラマだな! 

 

だから、ナレーション辞めい(怒)