俺のマダンテ

勇者は戦い続ける!

時をかける少女、最終回!吾郎と美羽は付き合ったの?

 

どうも、勇者です!

リオオリンピックがスタートしたね。

開会式はイマイチだったけど、楽しみ。

 

というか、時をかける少女の最終回だけど、裏で女子バレーボールがやってて超気になるのをこらえるのに必死。

 

だって、因縁の韓国戦だよ!

でも、今日の本題いってみよう。

 

目次

 

時をかける少女

前回は吾朗が受験勉強と美羽(黒島結菜)への恋心の間で悩み苦しむ姿がとにかく切ない回だったなー。

 

もう完全にアンチ翔平の吾朗派になった俺。

 

whatblog.hatenablog.com

詳しくはこちらをどうぞ。

 

それじゃあ、第5話完結の最後、どうやって締めてくれるのか見ていこうか!

スポンサードリンク

 

第5話、最終回の感想 

まさかのAKB48がLIVEでオープニングソングを歌うという謎演出からスタート。

これ、いるか?w

絶対いらないだろ(笑)

 

美羽がソロで語りだす。

「時間て命だと思う」

深い深いよー。

 

高橋克実も未来人パワーを使ってたなんて見損なったで。

じゃないと、こんな歳の差結婚なんてあるわけないもん。

 

未来人は老化が早いのか?

みーくんは体がボロボロなのか。

 

野波麻帆、野呂佳代に見えるときがあるんだけど、俺だけかな?

 

高橋克実が22世紀から来たと

美羽にベラベラ話し

「俺は長くは生きられない」

「翔平は未来から来た人間だ」

とメチャクチャにするっていう。

 

運転シーンでこんなに嘘ってバレバレな作りとかイマドキあるかー(笑)

 

美羽にタイムリープさせ、奥さんと出会わないことにしてほしいとお願いする高橋克実。

 

写真の暗室とかカメラ好きの俺としては結構萌えたわ。

このドラマで一番良いシーンだったかも(笑)

 

「これから最後の晩餐」

「逃げてる、ちゃんとさよならすることです」

 と言われても、出会わなかったことにしてくれと土下座して頼む高橋克実にまさかのOK。

 

ドラマのタイムリープは無限かよ!ってツッコんでたけど、そろそろ限界が近そうな雰囲気だな。

 

「俺たちの家族は今日でおしまいです」

黙って消えるんじゃなかったのかよ。

そんなこと言われた家族は完全にボケたとした思わないだろう。

 

「ただの内視鏡検査でしょ

 何いってんの?」

ほらそうなるよw

 

涙一滴も出んわ、、、と思ったけど、子役の子まで泣いてるの見てたら・・・辞めろやー(涙)

 

てか、最終回で高橋克実が主役並みの前半。

 

「翔平とはどう別れる?

 催眠だよ」 

とうとう翔平のペテンに気づく美羽。

遅せぇーよ(怒)

 

「あの時助けてくれたのは、

 吾郎ちゃんだった」

そうだ、翔平なんかチャッチャと別れて吾朗の胸に飛び込んでこい。

 

「結婚することになりました」

ゆいPと先生が結婚とかどうでもいいけど、高橋克実の奥さんの横には巨人ファンの優しそうな旦那がいたのが、お似合いだっただけに悲しかった。

 

自分の正体を美羽に

ちゃんと話し出す翔平。

「俺たち、恋できたじゃん」

じゃねーよ、早く未来に帰れや(怒)

 

「早く未来に帰って!」

いいぞー、美羽。

 

食器をかやしたくらいでタイムリープを使おうとする美羽だったけど、失敗。

やっと限界が来たのか?

てか、そんなくだらねーことで使いよるけーよ。

 

「私に息子はいなかった」

高畑淳子も正体に気づくというか気付いてたんだ。

楽しかったからって優しい人だな。

 

吉本実憂まだいたんだ。

薬ができずに未来に帰れないだと。

 

「薬の最終段階で反応が起こりませんでしたぁ」

チャライ言い方しやがって。

 

「恋なんてしなきゃよかった」

 って言ったあとの黒島結菜、

可愛かったなー♡

 

恋はするもんじゃなくて、落ちるもんなんだよ。

って誰かが言ってたっけかな(笑)

 

えー、突然ガキが無くした薬を持ってくるというブッ込み展開。

そんなタイミングよくとか、ホントこの脚本書いたやつクソだなー。

 

翔平との初恋を無くしたくないからと戻るのをためらう美羽。

てか、初恋遅くね?

小学校とかで済ませとけや。

吾郎ちゃんとの別の道があるだろうから大丈夫だって!

 

7月7日に戻り、

「あなたを22世紀に帰らせるために来た」

なぜかターミネーターを思い出す俺。

 

これでタイムリープできる美羽は消えたということか。

まだ未来を知らない翔平に写真見せちゃあかんだろ!

ホントこのドラマ見てたら、ツッコミが止まらんわ。

 

「翔平とキスした」

とか言わないでー(泣)

もう終わる時間だけど、吾朗一回も出てきてないぞ!

 

「ほんとにいいの?僕が未来に帰っても?」

「ずっと一緒に居たいに決まってんじゃん」

お前、美羽ちゃんを泣かせやがってー!

泣きの演技の初々しさがなんかいいね。

 

「薬出来たなら、早く行ってー(泣)」

泣かないでー。

 

恋を知らない君へ

が翔平に渡したアルバムで、

夏を知らない君へ

がこれから作る予定のアルバムだって。

 

頭ガシからのありがとうだと。

ふるふる(怒)

 

ここでやっと吾郎ちゃんの登場と思ったら、美羽に写真撮られて終わりとか。

2人は付き合ったの?

そこ教えてよ! 

 

そして突然の即終わり。

 

まとめ

最終回の最後、マジ終わり方が雑でビビった。

吾郎ちゃんの扱い悪すぎだろ、ホント浮かばれねーわ。

って、死んでないけどねw

正直、感動できなかった。

時をかける少女、嫌いだ俺。

完。